注目されているゲームデザイナーになるために知っておくと良い情報を紹介します。

ゲームの仕事が人気

ゲームデザイナーとは、キャラクターや背景やアイテムなど、ゲーム中に登場する絵をデザインする仕事です。ゲームに深く関われる職業として注目されています。

ゲームデザイナーになるためには?

ゲームデザイナーとしてキャリアを積むにはどうすれば良いですか?

ゲームメーカーに就職することで、ゲームデザイナーとしてのキャリアがスタートできます。しかしゲームメーカーへの就職は競争率が高いため、まずはスキルを身につける必要があります。

ゲームデザイナーになるためには何か資格は必要ですか?

ゲームデザイナーになるために必須となる資格はありません。どちらかというと、センスや実績が重視される傾向にあります。

ゲームデザイナーにはどのようなスキルが求められますか?

まずは、思い描いたデザインを形にできるデッサン力が必要です。そして、ユーザーが求めるものは何かを常に考える力も求められます。

スキルアップするために必要なことは何ですか?

デッサン力が求められるため、デザイン経験があると良いです。またポートフォリオ(自分の作品集)の製作経験があると良いかもしれません。

ゲームデザイナーに必須資格はありませんが、それでも役立つ資格はありますか?

ゲームデザイナーを目指す人にとっておすすめの資格には、CGクリエイター検定やマルチメディア検定などが挙げられます。

必須のものは無いが客観的なレベルは示せる

女子大生

ゲームデザイナーの仕事に就く際においては、取得必須となる資格は存在していません。ゲームは開発環境の変化やプレイする為の端末の変化サイクルが早いという特徴もあり、特定のスキルがあっても陳腐化し易い・必要性が失われ易いというのが、その理由の1つになっていると言えます。従って採用において必要とされるのは、資格の形では示す事が難しいデザインセンスや、過去の製作物・成果という事になります。その一方で、知識やベースとなり得るスキルを示す事が可能な資格は存在します。また近年は著作権等の権利関係にもより注意を払わねばならない業務となっており、こちらへの理解を示す事が出来る資格に関しても、採用の際には加味され易くなっているとは言えます。

具体的に役立ちそうな内容とは

ゲーム機

具体的にゲームデザイナーへの就業に繋がりそうな資格としては、CGクリエイター検定や、マルチメディア検定が挙げられます。何れも民間資格で実際の製作を行うものではありませんが、CGクリエイター検定は映像の表現能力を、マルチメデイア検定は様々な知識を図る検定となっています。特にマルチメディア検定は、知的財産権等の法に関する内容も含まれた、包括的な内容となっています。またゲームに関しては開発環境が特殊なケースがあり、採用先によっては専用ソフトに関するエキスパート的な資格も重宝されます。

在職中の取得にも大きな意味がある

原稿用紙

ゲームデザイナーは就業後の評価に関しても、実務での評価が重視されると言えます。その評価を客観的なものとする為には、資格を大いに活用する事が出来ます。既にゲームデザイナーの職に就いている人向けの講座も各地で開催されており、効果的に利用出来れば待遇面での安定にも繋げられると言えます。環境の変化が早い世界でもあり、資格取得で基礎固めをして置く事が、実務での応用に繋がる事は多々あります。在職中のキャリア構築の観点からも、取得を検討したいところです。

広告募集中