ゲームデザイナーになるには専門学校などで知識やスキルを身につけると良いです

HOME>トピックス>ゲーム業界の仕事

専門学校で学ぶことができます

ゲームする人

ゲームデザイナーになるには、どのような進路を目指せばよいか迷っている人が少なくありません。独学で学ぶこともできますが、ゲームデザイナーの経験がない場合は専門学校などでスキルを身につけることができます。専門学校ではゲームデザイナーの基礎から学べるため、デザイナーとしてのノウハウや技術を習得することが可能です。専門学校に入るためには入試を受けなければなりませんが、その前に学校の雰囲気を知ることが重要です。そのためには、専門学校のオープンキャンパスなどに参加することをおすすめします。

2DCGデザイナーとは

一口にゲームデザイナーといっても、その種類はいくつかあります。ゲームデザイナーになるには、まずはその種類と特徴を知っておく必要があります。今や三次元の立体CGのゲームが当たり前となっていますが、2DCG技術を求める声も少なくありません。それが2DCGデザイナーであり、どの会社でも腕の良いデザイナーを求めています。2DCGデザイナーに求められているのは、デッサン力よりもセンスの面白さだといわれています。2DCGデザイナーにはハードディスクの限られた容量の中で、色やパターンの数を減らして、それでも不自然にならないようにしながら、最大限の効果を生み出す技術が求められます。そのため、2DCGデザイナーは職人的な仕事ともいえるでしょう。

3DCGデザイナーを目指す

ゲームデザイナーになるには、3DCGデザイナーとなってスキルを身につけることがあります。3DCGデザイナーとはコンピューター上に仮想の立体を作り上げ、それを自由に動かして映像化していく仕事です。三次元の座標上に立体そのものを作っていく3DCGデザイナーには、どちらかというと彫刻家的なデザインセンスが求められています。さらに立体を表現するモデリングをいかに効率よく、しかもイメージ通りに表現していくことも重要です。

広告募集中